10代必見!未成年でも全身脱毛は受けれる?

無駄毛が気になるからエステやサロンで処理をしたい!と思っても、年齢の制限が問題になるケースがあります。

実際にサイトなどを確認すると20歳以上であることが契約の条件になっているなど、施術のハードルになることがあるためです。

しかし、親の同意があれば全身脱毛が可能というサロンも多く、活用のポイントにもなっています。

中には専用の同意書のダウンロードページを用意しているサロンなどもあるほどで、プリンターなければ手書きで必要事項を記入するだけでも契約ができる場合があるのです。

18歳未満であっても脱毛サロン利用できるケースがあるほどで、活用のポイントになっています。

■脱毛サロンの利用には保護者の同意書が必要
全身脱毛なのになぜ脱毛サロンに通うのに制限を受けなければいけないのかと疑問に思う人もいるはずです。

これは、未成年の責任能力に限りがあるからです。

どれだけ頭が良くても未成年であることで受ける制限は大きく、法律上契約トラブル時の賠償責任などは本人以外の親に請求される可能性も出てきます。

ポイントは、サービスを提供する店側が損害を受ける可能性があるということです。

場合によっては未成年をだましたという疑いがもたれる可能性もあります。

法律に触れる可能性やイメージダウンにつながるリスクを避けるため、契約自体を受け付けていないケースが多いのです。

ただし、保護者の同意がある場合は話が別になります。

保護者は成人していることが前提になるため、金銭トラブルなどがあった場合は保護者にお金を請求することができます。

そのため、書面での同意が確認できれば未成年であっても契約が成立する場合が多いのです。

サロンによって基準は違い、同意書の上で電話確認や保護者の同伴が必要になるケースもありますが、親の承諾があれば全身脱毛や部分脱毛を受けることが可能になるのです。

■全身脱毛を受けられる年齢はサロンやエステで異なる
20歳未満であっても脱毛を受けられると、実際に何歳から受けられるかは気になる部分です。

実は脱毛を受けられる年齢はサロンやエステなどによって異なり、特に年齢制限がないサロンもあるほどです。

一方で、16歳以上、17歳以上など、高校生以上であることを求めるサロンもあります。

未成年の脱毛制限が厳しいサロンがあるのは、脱毛のトラブルと成長によって起こるトラブルなどを混同しやすいためです。

生理前後でニキビや吹き出ものなどのトラブルがおきやすくなる人なども存在します。

余り生理の経験がないと脱毛サロンに通ったことでトラブルがおきたと勘違いするケースも出てきます。

そのため、年齢に制限を設けないかわりに順調に整理が来ていることを条件にするなど、体の成長具合にあわせて脱毛の可否を決めているサロンもあるほどなのです。

クレームを避けるための工夫は脱毛サロンやエステにとって死活問題です。

体の成長が順調であることも脱毛を受けるポイントになっています。

■同意書以外の手続きが必要になるケースも
脱毛サロンやエステによって、脱毛の契約に必要な保護者の同意が変わってきます。

一番簡単なのは、同意書の提出のみで済むケースです。

未成年のための専用ページを用意し、同意書をダウンロードできるようにしている脱毛サロンも存在します。

書類をプリントするか、手書きで必要事項を記入し、親の署名と捺印を貰った上でお店に持ち込みます。

脱毛体験から始まるコースも多いため、初めて脱毛を受けるときにもっていくのが基本になります。

脱毛体験自体を予約しなければならないのもポイントです。

脱毛サロンのほとんどは予約制で、急にいっても予約を取るだけで終わってしまうことがほとんどです。

インターネットやアプリから予約ができるサロンも増えているため、あらかじめ調べておくのがおすすめです。

実際に店舗にいくことで同意書を貰えるケースもあります。

全身脱毛を受ける場合は、同意書以外にも保護者への電話確認や同伴が必要なケースもあります。

同意書だけでは本当に保護者が同意したか確認し辛いため、念を入れるというサロンもあるためです。

電話確認や保護者の同伴がなければ契約自体が進まない形になります。

電話確認や保護者の同伴を求める脱毛サロンやエステは、それだけリスクを避ける工夫をしているともいえます。

脱毛以外のエステコースなどを用意しているケースも存在し、契約が高額になりがちだからこそしっかりと確認をとるという場合も多いのです。

親を説得するためにあえて電話確認などが存在するサロンを選ぶという方法もあります。

契約意識がしっかりしているエステや脱毛サロンほど、保証などが手厚い場合が多いからです。

保護者同伴が必要な場合でも初回の契約時のみということがほとんどで、毎回同伴が必要ではないのがポイントになってきます。

■未成年は学割が使える場合も
未成年が全身脱毛を利用するメリットの一つが、学割の存在です。

学割を用意している脱毛サロンは増えていて、割引率に関しても競争が起こっているのです。

未成年の場合はお金を稼ぐ手段自体が限られるため、安く脱毛が受けられるのが魅力になっています。

社会人になってしまうと仕事の関係などで脱毛サロンに通うことも難しくなるため、早めに安く脱毛を済ませておこうと考える人もいる程です。

学割を利用する場合は学生証が必要になります。

大学生であっても適用の範囲になることが多く、しっかり生かしたいポイントになってきます。

ただし、学割を設けている脱毛サロンでも親の同意書などが必要なのは変わりません。

親を説得する場合は費用などを提示し、いかにお得かを話題に盛り込むなど工夫が必要になります。

【学割がある脱毛サロン】
キレイモの学割はお得になる

■全身脱毛の補償範囲と期間もチェック
全身脱毛は脱毛サロンとクリニックで内容と費用、脱毛に必要な期間が異なってきます。

全身脱毛を受けてもイメージと違う結果にならないように、事前にチェックすることが大切です。

実際に脱毛サロンなどにいってもどのような施術になるかカウンセリングでしっかりと説明されることが多いものの、聞き流して後悔してしまう人も多いのです。

脱毛サロンの全身脱毛のポイントは、安くて痛みが少ないことです。

年間契約で通い放題の全身脱毛プランを用意しているサロンもあります。

気軽に受けられるのが脱毛サロンの最大のメリットになります。

脱毛サロンのデメリットは、永久脱毛ができないことです。

脱毛サロンで主に利用される光脱毛はムダ毛の色素に反応することで、ムダ毛を処理できます。

しかし、毛根にまで光を到達させ、二度と無駄毛が生えないようにすることができない仕組みになっています。

また、全身の処理には時間がかかるのも特徴で、クリニックとの大きな違いとなっています。

即効性を目指すのであればワックスを使った全身脱毛を利用するなど、切り分けて考える必要があります。

クリニックの脱毛のポイントは、施術回数を抑えつつ永久脱毛を目指せることです。

より確実に、長期間無駄毛が生えない状態を作りたいのであればクリニックでの脱毛を利用するのが基本になります。

クリニックの全身脱毛のデメリットは費用が高いことです。

クリニックの脱毛は主に医療用レーザーを利用し、医師の施術が必要になります。

その分人件費も高くなり、一回の脱毛料金も高額になるのです。

永久脱毛といっても全ての人が永久脱毛状態になるわけではないのもポイントです。

また、費用が高額になる傾向がある分、保護者への確認も厳重になる傾向があります。

違いを知らずに契約しても、契約後に全てお金が返ってくるわけではなく、クレームが通用するとは限りません。

あらかじめ契約書にリスクなどは書かれているため、知っていた上での契約とみなされるからです。

返金保証などについてもしっかりと確認するのが一般的なため、わからないことがある場合は事前に調べるか問い合わせる必要があります。

料金ではなく自分の望む全身脱毛を提供してくれるサロンやクリニックを探すのが基本になります。

■解約についての知識も身につけておくとプラスに
未成年であっても保護者の同意があれば全身脱毛を受けることができます。

ただし、トラブルにあった際の解約のルールなども理解しておいた方が良く、お金を無駄にしないポイントになってきます。

返金制度についての知識を身につけることが親の説得に役立つ場合もあります。

全身脱毛の契約をしても、内容に納得ができない場合や、予約がとりづらくて満足に施術が受けられないなど、トラブルに発展する場合があります。

この場合は契約自体を解除することで、施術を受けていない範囲の返金を求めることが可能になります。

ポイントになるのが契約の仕方です。

例えば料金を一括で納めている場合は、受けていない範囲のお金を返金してもらえます。

ただし、月額会員であれば契約解除月の支払いは行わなければならず、完全にお金が返ってこない場合があります。

年間会員であればまだ施術をしていない分が割合で返ってくるなどサロンやクリニックで扱いが変わってきます。

回数制の契約の場合も、受けていない回数分のお金が返金されるのが一般的です。

特に大手の脱毛サロンやクリニックほど返金が早い傾向があり、トラブルを避けるためのポイントになっています。

施術を受けない分の返金は業界標準になっているため、トラブルを起こしてしまうとあっという間に悪評が広まってしまいます。

追加コースを求められるなど勧誘が激しくて嫌だと思った場合も解約が対抗手段になることもあります。

不満がある場合は不満を伝えるなどお店に伝えることも重要で、場合によっては親に相談をした方が良い場合もあります。

サロンなどに任せて安心とは限らないため、しっかりとチェックを行うことが良いサービスを受けるコツになっているのです。

悪質な業者にだまされないためにも事前に全身脱毛や契約の知識を身につけることは大切なのです。